bar

君を夏の日にたとえようか

8月25日のシェイクスピア


bar



夏の終わりに  シェークスピアのもっとも有名な詩をどうぞ・・・
bar

君を夏の日にたとえようか
ああ、君は更に美しく穏やかだ。
荒い風は五月の愛らしい蕾をゆすり
夏の季節はあまりにも短かすぎる。

・・

あらゆる美しいものも、やがては衰える、
偶然か自然の変化によって美をはぎとられて。

だが君の永遠の夏は色褪せることはないし
君の美しさはなくなることがない。
死もその影に君がさまようと誇れまい、
君は永遠の詩の中に生きて、時そのものと同化するからだ。


涙を絞らせる名手 シェーぐすっピア
今回の結論(^-^;))
ことばは・・生き続ける・・のだ

薔薇物語50KB

《薔薇物語》(1890頃)・・・・
エドワード・コリー・バーン・ジョーンズ ウィリアム・モリス
羊毛製タピストリー



010715.html

Shakespeare
*
オフィーリア
ジュリエット

夏の詩

|言葉の聖堂IMDEXHOME

lastModified:2006/08/21 ・   初2001/08/25