聖母の記号とシンボル


アマリリス
2006 12/1

もちろん 聖母のアトリビュートというと、
ユリとバラですが、 いまさらなので、まず

アマリリス
Amaryllis

A mary llis

マリー=マリア、ユリ=リリス
マリー=リリス⇒アマ+リリスを。
(注。裏づけナシ)
ド・フリースのイメージシンボル辞典では、
ラテン語では、女の羊飼いを意味する、とあります。
また、花がユリに似ていて、庭師がアマリリスと呼ぶ花は多いとあります。
その程度です。

西洋シンボル辞典(キリスト教美術の記号とシンボル)のほうには
なにもありませんでした。

2010-08-12 ルンゲの「朝」という絵にアマリリスが・・こちらに続く



そこで、復習です。
やはり、聖母マリアには、 バラの冠とユリの花を捧げるべし。…(^_^;;

聖母マリアのアトリビュート
花の三大アトリビュート
ユリ
慈愛 清純バラ
アマリリス
バラ 聖母マリアのアトリビュート
慈愛 清純
スミレ (控えめさと誠実の象徴)
ヤン・ファン・エイク「ファン・デル・パーレの聖母1208


続きましては予習です(^_^;;
先は長そうです

聖母マリアの花のアトリビュート
アガベ(リュウゼツラン)
アザミ(マリアアザミ)
ウィキョウ ド・フリースのほうにあり
オダマキ ファン・デル=フース 羊飼いの礼拝
カラントゥス(スノードロップ)
クロッカス ド・フリースのほうにあり
10 シャクヤク
11 ナデシコ デーュラーのなでしこの聖母子(
12  ヒエンソウ 気高さ
13 マリーゴールド 慈愛 清純


聖母マリアと木・果物のアトリビュート
サイプレス
(イトスギ)
足元に月を踏み、頭に12の星の冠をかぶり、太陽を着た女
ムリーリョ
エッサイの木 最初のエバの罪を贖うエバ
サンクト・ミヒャエル 花咲くエッサイの若枝
オリーブ(の小枝)
ナツメヤシ http://www.paintweb.jp/text/attribute.html
キリスト教の殉教者が持つ棕櫚の枝
ビワ デーュラーのびわの聖母子 洋ナシ 
ザクロ ザクロの聖母子
洋ナシ 洋ナシの聖母子   ザクロ


ボッティチェッリ ザクロの聖母
Madonna of the Pomegranate, c. 1487, diameter 143.5cm、
Galleria degli Uffizi, Florence




洋ナシの聖母子


1バラ 慈愛
2ユリ 清純
「オンニッサンティOgnissantiの聖母」
ジョット(フィレンツェ ウフィツィ美術館)
Giotto di Bondone (c. 1267 - 1337).
the Ognissanti Madonna (Uffizi, Florence, c. 1305-10)
うむ… なんだか、小顔の天使たち(?)の中で
おばさんっぽいまでの(失礼)威厳がありすぎの聖母子像。

Olga's Galleryに 右下の天使の持つ花瓶のユリのDetailがありました。


もうひとつ、
"inviolate(神聖な) chastity(清純) of the lily."ということで、
Giotto. Allegory of Chastity.
c.1320s. Fresco. Santa Croce, Bardi Chapel, Florence, Italy.
WEB検索
フィレンツェ (高橋 賢 のHome Page
ウフィツィ美術館 (都市物語 世界遺産を巡って西澤さんのHP


WEB検索
http://www.textweek.com/art/holy_family.htm


バラ

ところでこの際、同じジョットの聖母子像で、
バラと思われる花を持つ聖母を。

Madonna and Child. 1320-1330.
Tempera on wood. Gallery of Art, Washington, DC, USA.
花のDetail

右手に愛のシンボルであるバラの花をもつといえば、
Tiziano Vecellio (1490-1576) の ウルビーノのヴィーナスがありました。
Venus of Urbino (Venere d'Urbino)  1538 
またフローラも同じTizianoでした。

ユリ


Madonna and Child with Lilies,
by Luca della Robbia, c. 1455-60,
enameled terracotta tondo, 6' diameter.
Orsanmichele, Florence.


ナデシコ

英語でナデシコ


なでしこの聖母子
なでしこの聖母子

http://www.karakusamon.com/mother.html母なるものについて


INDEXHOME