言葉、言葉、言葉

アントスとはギリシア語で花のこと

…アンソロジーとは引用の花集め…

       

言葉の花冠 引用の花集め

       

座右の銘100

自分を力づける言葉を!

~~~座右の銘を100集める~~(■)(●は詩語)


66 ■2017/01/06 衢道を行くものは至らず(荀子)

以下 2017年:目次へ


詩語+座右の銘100集め:目次 (2016年) 

2016年:09, 2015年:09 (座右の銘 65)

詩語+座右の銘詩語86+座右の銘47・・20150104)
2014年:01+19, 2013年:03+21, 2012年:11+07
詩語
2011年:06,  2010年:12,  2009年:09,  2008年:07,  2007年:06,  
2006年:08 ,2005年:14,  2004年:01,  2001年:08,

65■2016/04/12  人間は何で形づくられるか(「ゲーテはすべてのことを言った」)
64■2016/03/14  花 無心(良寛)
63■2016/03/12  自らに由って生きる(篠田桃紅)
62■2016/02/18  飽きないふりをする(みうらじゅん)
61■2016/02/08  わがままでなくあるがまま(松岡修造)
60■2016/02/05  たくさんの偶然を喜べる一日を(般若心経)
59■2016/02/05  「小欲」「知足」「楽寂静」「勤精進」(道元)
58■2016/02/05  「こうなりたい人」の真似をする(道元)
57■2016/02/05  自分の生命の中に喜びを発見する(達磨大師)

56■2015/07/29  感情との付き合い方(アドラー)
55■2015/07/08  嫌われる勇気(アドラー)
54■2015/07/08 失敗する勇気(アドラー)
53■2015/07/08  他人と競争しない(アドラー)
52■2015/07/08  できないという固定観念をなくす(アドラー)
51■2015/03/14  意志におけるオプティミズム(ロマン・ロラン)
50■2015/02/11  繰り返す行動の総計が人格(アリストテレス)
49■2015/01/12  1日の計は晨にあり(『月令広義・春令・授時』)
48■2015/01/04 自分の人生を生きる!(スティーブ・ジョブス)


47■2014/12/24  いまを生きる!(Dead Poets Society)
46■2014/11/15  老成の工夫と少年の士気(言志 佐藤一斎)
45■2014/11/05  「忙しい」のは恥と知れ(言志 佐藤一斎)
44■2014/10/30  壮にして学べば、則ち老いて衰えず(言志 佐藤一斎)
43■2014/10/10  やらないことを決める(フランクリン・コヴィー)
42■2014/08/29  夢と期限(フランクリン・コヴィー)
2014/08/14 遊ぶものは (白川静)
41■2014/08/07  根気と自制(ロアルド・ダール)
40■2014/06/06  遅延は憤怒の最良の治療薬(セネカ)
39■2014/05/22  習慣、エトス(アリストテレス)
38■2014/05/11  言葉は通じないもの(平田オリザ)
37■2014/04/30  からっぽになれ、こちらから(坂田真民)
36■2014/04/13  悲しむことができること(チェ・ゲバラ)
35■2014/03/11  苦労を楽しみの種とすること(豊臣秀吉)
34■2014/02/16  決意の凄みを見せること(岡本太郎)
33■2014/02/06  拙速を尊ぶ(三宅雪嶺)
32■2014/01/29  果敢に行う(白川静)
31■2014/01/27  ただひとりある(徒然草)
30■2014/01/17  歳月人を待たず(陶淵明)
29■2014/01/02  終わりを描くことから始める(フランクリン・コーヴィー)

28■2013/12/30  『幸福の王子』のツバメにならない(中島孝志)
27■2013/12/29  Stay hungry, stay foolish(Steve Jobs)
26■2013/12/28  幸いなるかな、柔和な人(詩篇)
25■2013/11/11 吉凶悔吝 (易経)
24■2013/11/05 一灯を掲げ暗夜を行く (言志 佐藤一斎)
2013/10/25 なにをして生きる (やなせたかし)
23■2013/09/04 理想を語らずに
22■2013/08/04 欠かせない欠点・・ 漢字で癒す (ひすい こたろう)
21■ 2013/07/21 「変わるための方法」(大前健一)
2013/07/06 「永遠に生きるかのごとく 」(ジェームズ・ディーン)
20■ 2013/07/01 「敗因の三か条」(林 修)
19■ 2013/05/31 「迷った時こそ続ける
18■ 2013/05/11 「朝にキク言葉」 (ひすい こたろう)
17■ 2013/04/22 「勝てる場所で誰よりも努力する」 (林 修)
16■ 2013/04/15 「空想は知識より重要だ」 (アインシュタイン)
15■ 2013/04/07 「三つのV 人生の習慣」(日野原重明)
14■ 2013/03/25 「人生の材料(フランクリン)
2013/03/17 「やすらぎは消えた 」(ゲーテ)
13■ 2013/03/04 「生きがいを感じて生きること
12■ 2013/02/17 「やりくりする
11■ 2013/02/04 「知らざるを知らずとなす
10■ 2013/01/14 「好きなことに挑戦し続けること(6つのC)
9■ 2013/01/13 「喜びを見出す強み
8■ 2013/01/06 「やらないことを決めること取捨選択

7■ 2012/12/28 「和顔愛語
2012/12/21 「鉛筆の字が濃くなる
2012/12/08 「風が呼んでいる
6■ 2012/11/24 「運命を拓く
5■ 2012/11/15 「着眼大局、着手小局
4■ 2012/10/30 「求めよ、さらば与えられん
3■ 2012/10/23 「奮闘を続ける
2■ 2012/10/18 「気にすることなく
1■ 2012/10/17 「段差を小さくして登る

季節の詩語

~~~引用の愉しみ…言葉の花集め中~~

2012/08/27 「帰る旅
2012/07/04 「古人いふ無事是れ貴人。
2012/06「言葉ありとも何か写さん
2012/04わが思いは形なき
2012/05/11 「 一生○○・・
2012/03/16 「 こころに空洞を入れる時間」(吉本隆明)
2012/02/22 「華の園まで遊ばせん」(梁塵秘抄)
2012/01/18 「かなしみのちから」(宮澤賢治)
2012/01/01 「宇宙の微塵とな)りて」(宮澤賢治)
2011/10/05 「暗い時に、目はものを見始める 」(セオドア・レトケ)
2011/05/25 「大木は老いていよいよ(名言サイトから)
2011/03/25 「ほかの大事なものをなくさない(「怒りの葡萄」から)
2011/07/09 「雨ニモマケズ」(宮澤賢治)
2011/04/24 「全てに時がある」(旧約「伝道の書」から)
2011/02/06 「「風光に伝語す」ペシミストと呼ばれる杜甫
2010/12/01 「時の曲がった鎌
2010/10/30 「水脈」生まれおちてからこのかたの日々
2010/08/29 サモトラケのニケ
2010/08/29 index2.html…ダークサイドにて_(._.)_
2010/08/03 見分けも区別もつかない…(>_<)
2010/07/01 ほっこり貯金…( ^^) _U~~
2010/06/01 自在に生きる…現実の定義?
2010/05/23 無理矢理元気をもらう方法…ニーチェの箴言?
2010/04/20 むずかしいことをやさしく…井上ひさしさんの標語
2010/03/05 過去の振り返り方…生きること
2010/02/05 夜明けのレース…生きること
2010/01/15 書く言葉…実用文十訓
2010/01/05 去年今年…一年の計


2009/10/10 なにもない…うつろな
2009/08/17 傍らを歩く
2009/07/22 「大事」…言葉の輝き
2009/06/10 ただ一つの語の力をかりて……もう一度生きる
2009/06/10 思い出はなおも若く……アシモフの自伝
2009/05/16 かなしみのシゴト…:「青い苹果」…リンゴと読む
2009/03/05 旗たため…:「そうか、もう君はいないのか」
2008/12/18 「思うとおりに歩めばいいのよ」:ターシャさんの言葉
2008/09/18 ノーベル賞の言葉言葉言葉:知ったかぶりが大事?
2008/09/18 花…「移ろいゆく薄倖」: 栄光の中心「華」でなく
2008/08/24 「おい癌め」: 敗戦の弁?
2008/07/18 「主人公は僕だった」: 物語の終わり方
2008/04/28 「おれは一人の修羅なのだ」: 春と修羅
2008/03/23 「自分に語って聞かせる物語」: 名言
2007/09 檄:「すべての山に登れ」
2007/08/17 「一輪の花の幻」: 原民喜
2007/08/13 「輝くもの全て黄金ではない」: トーマス・グレイ
2007/07/07 「変えることも正すこともできないことについて思い悩むこと」: 平安の祈り
2007/04/07 「ただ時間のみがわれわれのもの」: セネカ
2007/02/20 「一日の花を摘め」カルペ・デゥム: ホラーティウス
2006/11/11 「愛語」:禅語
2006/08/30 夏よ去れ:小林秀雄
2006/07/21 「汝自身を知れ」(グノーティ・セアウトン)
2006/06/30 最初の花:ヘルマン・ヘッセ 7月2日生まれ
2006/05/21 カタルシスを感じた:アリストテレス 「詩学」
2006/04/14 詩語:大岡信
2006/04/10 甃のうえ :三好達治 4月5日没
2006/03/27 高所からの墜落を恐るるなかれ:ジョルダノ・ブルーノ
2005/11/15 落葉:上田敏
2005/10/23 別れ :秋 アルチュール・ランボー10月20日生
2005/09/28 墓碑銘 :ぼひめいは、ひめいか?
2005/09/28 無垢 :形容詞 幼い喜びには歳古りた悲しみなのか?
2005/07/23 光と色の形容詞:黒い色 2008-04-28追記
2005/07/21 真夏の永遠:A.ランボー:おフランス(ゴート)とドイツ
2005/07/17 8月の 詩: 思い出さねばならないのか?アポリネール1880年8月26日生
2005/07/17 7月の破れた蓮:与謝野鉄幹 敗荷 人を恋うる歌
2005/07/03 6月の シェイクスピア: イヤーゴ ああなるもこうなるも
2005/06/03 引用の花摘み 杜甫:人として生まれて
2005/06/03 引用の花摘みアンソロジーとは花冠 
2005/06/03 (木 谷川俊太郎)  
2005/06/03 (雑草 北川冬彦)
2005/06/03 なのはな(風景 山村暮鳥)
2004/08/07 ジュリエット:象徴: 花の顔に隠された・・蛇
2001/10/8 9月の ギョエテ: ギョエテとはおれのことかとゲーテいい
2001/08/29 8月の シェイ ぐすっ ピア: 君を夏の日にたとえようか・・もっとも有名な詩
2001/07/15 7月の シェイ ぐすっ ピア: 尼寺にいけとは・・(ToT)
2001/06/12 6月の シェイ くすっ ピア: 目の秤とは・・(・・!)
2001/05/08 5月 皐月・・母の日の考察!? : そんなこと考察するサイトもあるの~(~_~;)
2001/ 04/06 4月 猫のトーテムポール風(^_-) : これも猫グッズであるぞよ?
2001/03/22 3月 野原が恋しいね(^。^) : 野原の写真を見せていただいて

以前のページはこちら

アンソロジーの意味

高橋英夫さんの「花から花へ」という本は、副題が、「引用の神話、引用の現在」であった。腰巻には、文学の根源である「引用」の本質を追及する画期的論考、とあった。
もう10年前の刊行となったが、そのとき「アンソロジー」という言葉の意味が「花集め」なのだと知って、驚いたのを覚えている。 アントス…言葉の花…アンソロジー…

アンソロジーとは引用の花集め…

~~~引用の愉しみ~~

学術用語


  1. セレンディピティ
  2. 複製に関する語(デュプリケーション ミメーシス)
  3. 創造に関する語(オートポイエーシス テクネー)

※2014年ブンガク(翻訳詩を読み返す)はこちらへ⇒ 『於母影』と『海潮音』

※2014年アドベント(英詩を読む)はこちらへ→エミリー・ディキンソン詩集ほか

更新: 2017年

季節の詩語

NEW 一生燃焼、一生感動、一生不悟 →生々、生きている限り生き生きと〔ゲーテ〕と類語?「 一生○○・・