花冠 2009年10月

ミルフィー(=TェT=)君 享年3歳3カ月3日


我ら虚ろなる人間
頭に藁を詰め込まれた


この訳でいいんだろうか?
この詩が友人の死を悼むものだということは記憶していなった。
愛猫またもこんなにも早く亡くして、
思い出にありがとう、ではない、怒りの9月 でした。
そして10月。秋です。寒さに向かう。すべての「猫もち」さんががうらやましい。
虚ろな、悲しみも擦り切れた、何もない…
じっとしのぐ…
時よ来い。陶酔の時よ来い。

209年12月:2009年の反省へ


T.S. Eliot - The Hollow Men


Mistah Kurtz -- he dead.

A penny for the Old Guy

I

We are the hollow men
We are the stuffed men
Leaning together
Headpiece filled with straw. Alas!
Our dried voices, when
We whisper together
Are quiet and meaningless
As wind in dry grass
Or rats' feet over broken glass
In our dry cellar

Shape without form, shade without colour,
Paralysed force, gesture without motion;

Those who have crossed
With direct eyes, to death's other Kingdom
Remember us -- if at all -- not as lost
Violent souls, but only
As the hollow men
The stuffed men.

​http://www.americanpoems.com/poets/tseliot/1076​


HOME言葉の花集め (花=アントスを集める~⇒アンソロジー)∥