言葉言葉言葉 花冠

言葉の聖堂

アンソロジーの意味

高橋英夫さんの「花から花へ」という本は、副題が、「引用の神話、引用の現在」であった。腰巻には、文学の根源である「引用」の本質を追及する画期的論考、とあった。
もう10年以上前の刊行となったが、そのとき「アンソロジー」という言葉の意味が「花集め」なのだと知って、驚いたのを覚えている。 アントス…言葉の花…アンソロジー…

引用の愉しみ…
アンソロジーとは引用の花集め…


                 

花冠 引用の花集め

                 

季節の詩語

最新の詩語

2017年:継続中です

詩語+座右の銘100集め:目次
2016年:09 座右の銘 (65達成)
2015年:09


詩語+座右の銘
2014年:01+19
2013年:03+21
2012年:11+07
詩語
2011年:06
2010年:12
2009年:09
2008年:07
2007年:06
2006年:08
2005年:14
2004年:01
2001年:08
86+47・・20150104)

アントス:花集め・座右の銘(新しい目次はこちらへ)

~~~詩語:言葉の花:集め中~~

2013/10/25 なにをして生きる (やなせたかし)
2013/07/06 「永遠に生きるかのごとく 」(ジェームズ・ディーン)
2013/03/17 「やすらぎは消えた 」(ゲーテ)
2012/12/21 「鉛筆の字が濃くなる
2012/12/08 「風が呼んでいる
2012/08/27 「言葉ありとも何か写さん
2012/08/27 「わが思いは形なき
2012/08/27 「帰る旅
2012/07/04 「古人いふ無事是れ貴人。
2012/05/11 「 一生○○・・
2012/03/16 「 こころに空洞を入れる時間」(吉本隆明)
2012/02/22 「華の園まで遊ばせん」(梁塵秘抄)
2012/01/18 「かなしみのちから」(宮澤賢治)
2012/01/01 「宇宙の微塵とな)りて」(宮澤賢治)
2011/10/05 「暗い時に、目はものを見始める 」(セオドア・レトケ)
2011/07/09 「雨ニモマケズ」(宮澤賢治)
2011/05/25 「大木は老いていよいよ(名言サイトから)
2011/04/24 「全てに時がある」(旧約「伝道の書」から)
2011/03/25 「ほかの大事なものをなくさない(「怒りの葡萄」から)
2011/02/06 「「風光に伝語す」ペシミストと呼ばれる杜甫
2010/12/01 「時の曲がった鎌
2010/10/30 「水脈」生まれおちてからこのかたの日々
2010/08/29 サモトラケのニケ
2010/08/29 index2.html…ダークサイドにて_(._.)_
2010/08/03 見分けも区別もつかない…(>_<)
2010/07/01 ほっこり貯金…( ^^) _U~~
2010/06/01 自在に生きる…現実の定義?
2010/05/23 無理矢理元気をもらう方法…ニーチェの箴言?
2010/04/20 むずかしいことをやさしく…井上ひさしさんの標語
2010/03/05 過去の振り返り方…生きること
2010/02/05 夜明けのレース…生きること
2010/01/15 書く言葉…実用文十訓
2010/01/05 去年今年…一年の計
2009/10/10 なにもない…うつろな
2009/08/17 傍らを歩く
2009/07/22 「大事」…言葉の輝き
2009/06/10 ただ一つの語の力をかりて……もう一度生きる
2009/06/10 思い出はなおも若く……アシモフの自伝
2009/05/16 かなしみのシゴト…:「青い苹果」…リンゴと読む
2009/03/05 旗たため…:「そうか、もう君はいないのか」
2008/12/18 「思うとおりに歩めばいいのよ」:ターシャさんの言葉
2008/09/18 ノーベル賞の言葉言葉言葉:知ったかぶりが大事?
2008/09/18 花…「移ろいゆく薄倖」: 栄光の中心「華」でなく
2008/08/24 「おい癌め」: 敗戦の弁?
2008/07/18 「主人公は僕だった」: 物語の終わり方
2008/04/28 「おれは一人の修羅なのだ」: 春と修羅
2008/03/23 「自分に語って聞かせる物語」: 名言
2007/09 檄:「すべての山に登れ」
2007/08/17 「一輪の花の幻」: 原民喜
2007/08/13 「輝くもの全て黄金ではない」: トーマス・グレイ
2007/07/07 「変えることも正すこともできないことについて思い悩むこと」: 平安の祈り
2007/04/07 「ただ時間のみがわれわれのもの」: セネカ
2007/02/20 「一日の花を摘め」カルペ・デゥム: ホラーティウス
2006/11/11 「愛語」:禅語
2006/08/30 夏よ去れ:小林秀雄
2006/07/21 「汝自身を知れ」(グノーティ・セアウトン)
2006/06/30 最初の花:ヘルマン・ヘッセ 7月2日生まれ
2006/05/21 カタルシスを感じた:アリストテレス 「詩学」
2006/04/14 詩語:大岡信
2006/04/10 甃のうえ :三好達治 4月5日没
2006/03/27 高所からの墜落を恐るるなかれ:ジョルダノ・ブルーノ
2005/11/15 落葉:上田敏
2005/10/23 別れ :秋 アルチュール・ランボー10月20日生
2005/09/28 墓碑銘 :ぼひめいは、ひめいか?
2005/09/28 無垢 :形容詞 幼い喜びには歳古りた悲しみなのか?
2005/07/23 光と色の形容詞:黒い色 2008-04-28追記
2005/07/21 真夏の永遠:A.ランボー:おフランス(ゴート)とドイツ
2005/07/17 8月の 詩: 思い出さねばならないのか?アポリネール1880年8月26日生
2005/07/17 7月の破れた蓮:与謝野鉄幹 敗荷 人を恋うる歌
2005/07/03 6月の シェイクスピア: イヤーゴ ああなるもこうなるも
2005/06/03 引用の花摘み 杜甫:人として生まれて
2005/06/03 引用の花摘みアンソロジーとは花冠 
2005/06/03 (木 谷川俊太郎)  
2005/06/03 (雑草 北川冬彦)
2005/06/03 なのはな(風景 山村暮鳥)
2004/08/07 ジュリエット:象徴: 花の顔に隠された・・蛇
2001/10/8 9月の ギョエテ: ギョエテとはおれのことかとゲーテいい
2001/08/29 8月の シェイ ぐすっ ピア: 君を夏の日にたとえようか・・もっとも有名な詩
2001/07/15 7月の シェイ ぐすっ ピア: 尼寺にいけとは・・(ToT)
2001/06/12 6月の シェイ くすっ ピア: 目の秤とは・・(・・!)
2001/05/08 5月 皐月・・母の日の考察!? : そんなこと考察するサイトもあるの~(~_~;)
2001/ 04/06 4月 猫のトーテムポール風(^_-) : これも猫グッズであるぞよ?
2001/03/22 3月 野原が恋しいね(^。^) : 野原の写真を見せていただいて

2015/01/04 言葉・言葉・言葉
 最近の学術用語・外来語

  セレンディピティ、オートポイエ―シス、アプダクション、エミュレーション

2014/05/29 言葉・言葉・言葉
コピーライト生物多様性


2014/01/03  翻訳詩を読み返す
『於母影』と『海潮音』


2014/12/24  英詩を読む
エミリー・ディキンソン他

 

//MIDI曲のある過去ページのアーカイブ//

猫頭HOME byM